読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

古墳眺める気球遊覧事業、兵庫の連合体に優先交渉権…大阪府堺市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

気球の遊覧事業のイメージ図=堺市提供
気球の遊覧事業のイメージ図=堺市提供

 大阪府堺市は、世界遺産「百舌鳥もず・古市古墳群」の仁徳天皇陵古墳(全長486メートル、堺市)近くで計画するガス気球の遊覧事業について、兵庫県豊岡市などでスキー場を運営する「アドバンス」など2社でつくる連合体を優先交渉権者に決めた。

 堺市が1~3月に公募したところ、別の業者からも提案があったが、会場の大仙公園周辺の環境との調和を大切にする姿勢や、スキー場などで熱気球を運営している実績を評価して決定した。

 提出された提案書によると、遊覧事業は9月からスタートする予定で、料金は大人3520円、3歳~中学生は2310円としている。会場近くにある古墳群の案内施設「百舌鳥古墳群ビジターセンター」や市博物館との連携を図るほか、社会科見学として小中学生の受け入れを検討する。

 市は近く、業者と協定を交わして、気球のデザインや工事の方法などの詳細について協議する方針。市の担当者は「上空から古墳を眺望して、歴史的な価値を感じてもらいたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1964473 0 ニュース 2021/04/06 06:00:00 2021/04/06 06:00:00 2021/04/06 06:00:00 業者が作った気球の遊覧事業のイメージ図=市提供(堺市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYO1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)