読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪 再び「赤信号」 医療非常事態を宣言…感染最多の878人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「大阪モデル」の赤信号点灯を受け、万博記念公園の太陽の塔が7日夜、赤色にライトアップされた。点灯は13日まで。同公園は、公道での走行が中止になった聖火リレーの代替の開催場所となる(大阪府吹田市で、本社ヘリから)=前田尚紀撮影
「大阪モデル」の赤信号点灯を受け、万博記念公園の太陽の塔が7日夜、赤色にライトアップされた。点灯は13日まで。同公園は、公道での走行が中止になった聖火リレーの代替の開催場所となる(大阪府吹田市で、本社ヘリから)=前田尚紀撮影

 大阪府の吉村洋文知事は7日、新型コロナウイルスの感染急拡大で医療提供体制が崩壊の危機にあるとして、府の独自指標「大阪モデル」で最も深刻な状態を示す「赤信号」を点灯させ、「医療非常事態」を宣言した。赤信号の点灯と宣言は昨年12月に続き、2度目。府の7日の新規感染者は過去最多の878人で、初めて800人を超えた。

 この日開いた対策本部会議で決定した。7日時点で府が確保する重症病床224床に158人が入院。病床使用率は70・5%となり赤信号の点灯基準(70%以上)に達した。すぐに使える重症病床に限れば、使用率は90・8%に上っている。

 府内では、直近2週間で新規感染者数が約4・3倍に急増。重症患者も6日までの15日間で約80人増え、「第3波」時に要した日数(35日)の2倍以上の速さとなっている。府は急拡大の背景に変異したウイルスの影響があるとみている。

 大阪市内は5日から「まん延防止等重点措置」の対象地域となり、飲食店に対する午後8時までの営業時間短縮要請など対策が強化されている。府は新たな抑止策として8日から、府内全域で不要不急の外出や移動の自粛を府民に求める。また、大学病院や一定規模の医療機関に対し、重症患者用に計約100床を追加で確保するよう要請した。

 吉村知事は「明らかにイギリス型の変異ウイルスの影響が出ている。重症化のスピードが速く、感染力も強いと思う」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1969924 0 ニュース 2021/04/08 06:00:00 2021/04/08 06:00:00 2021/04/08 06:00:00 「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」が点灯し、赤くライトアップされた太陽の塔(7日午後6時47分、大阪府吹田市で、本社ヘリから)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210408-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)