読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪・池田市長が辞職表明、サウナ問題「責任取る」…時期は明言せず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

厳しい表情で記者の質問に答える池田市の冨田市長(26日午後、大阪府池田市で)=杉本昌大撮影
厳しい表情で記者の質問に答える池田市の冨田市長(26日午後、大阪府池田市で)=杉本昌大撮影

 市役所に家庭用サウナを持ち込み問題となった大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が26日、市役所で記者会見を開き、「市政停滞を招いた責任を取る」として、辞職する考えを表明した。辞職時期については「高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種が行き届いた時」として明言しなかった。一方、冨田氏の辞職表明を受け、市議会は27日の臨時市議会に不信任決議案を提出するかどうか協議を続けている。

 冨田氏は記者会見の冒頭、「世間をお騒がせし、市政を停滞させたことを心よりおわびします」と謝罪。その上で、「一連の問題で市民に心配をかけ、けじめと責任を取る」と辞職理由を述べた。

 冨田氏を巡っては、昨年10月にサウナ問題が発覚。翌月設置された市議会百条委員会の調査では、職員へのパワーハラスメントや市庁舎への長期宿泊、タクシーチケットの流用などの問題が次々と明らかになった。

 百条委は今月12日に冨田氏に辞職を求める報告書案を可決。27日の臨時市議会で報告書案を可決し、不信任案を提出する予定だった。

 会見で冨田氏は、サウナの持ち込みについて「体調管理のため」と釈明したが、ほかの問題については「5月中旬に記者会見を開いて説明する」と述べた。

 辞職時期は高齢者へのワクチン接種が終わる時期とし、「年内の早い段階」との見通しを示した。

 不信任案が可決されれば、冨田氏は10日以内に議会を解散しない限り失職し、市長選が行われる。このため冨田氏は「(コロナ禍での選挙で)高齢者を危険にさらすことは避けたい」と、議会側に不信任案の提出をやめるよう訴える一方、不信任案が可決された場合は「一定の決断を下さなければならない」とし、議会を解散した上で、自らも辞職して市長選を実施する可能性に言及した。

 冨田氏の辞職表明を受け、市議会では「コロナ禍での選挙は避けるべきだ」との意見や、「辞職時期を決めるべきだ」との声もあり、不信任案の扱いについて協議している。

 冨田氏は2019年4月に地域政党・大阪維新の会公認で市長選に初当選し、昨年11月に離党。冨田氏の辞職表明について、大阪維新の会の吉村洋文代表(大阪府知事)は26日、記者団に「本人の判断を尊重したい。池田市民に深くおわび申し上げる」と陳謝した。

無断転載・複製を禁じます
2014268 0 ニュース 2021/04/27 06:00:00 2021/04/27 12:49:34 2021/04/27 12:49:34 厳しい表情で記者の質問に答える池田市の冨田裕樹市長(26日午後2時36分、大阪府池田市で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210427-OYO1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)