読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

GW感染飛び火警戒…広島 PCRキット無料配布、大阪 「近隣県行くの控えて

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

JR福山駅前に設置されたPCR検査キットを無料配布する施設(広島県福山市で)
JR福山駅前に設置されたPCR検査キットを無料配布する施設(広島県福山市で)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に3度目の緊急事態宣言が出される中、29日からスタートする大型連休。感染が飛び火しつつある中四国の自治体は、往来自粛を呼びかけるとともに、新たな感染対策を進めるなど「二段構え」で感染拡大を防ぐ。

■中四国に危機感

 広島県福山市のJR福山駅前に23日、「感染しない、させない、もちこまない」の看板を掲げたテントが設置された。広島県が県外と往来した人らにPCR検査キットを無料で配る施設で、担当者は「無症状の人を早く把握し、感染拡大を食い止めたい」と話す。

 近畿を中心に増え続ける感染者は中四国にも拡大している。厚生労働省によると、22日までの1週間の「人口10万人あたりの新規感染者数」は、徳島県が33・4人で最も深刻なステージ4。愛媛(19・5人)、福井(17・3人)、岡山(16・7人)各県もステージ3に達した。

 全国が一律に宣言の対象だった1年前に比べて、今年は対象地域が一部にとどまることから、人の動きも活発化することが予測される。

 連休中の航空各社の国内線の予約状況(23日時点)は全日空グループが前年同期比約4・5倍、日本航空グループが同約3・6倍。ある大手旅行会社の担当者は、宿泊施設などの予約について「コロナ禍前と比べて昨年はほぼ0%だったが、今年は20%程度はある」と明かす。

 各自治体は対策に頭を悩ませており、「まん延防止等重点措置」の適用を国と協議している徳島県は、帰省前の人らがPCR検査を受ける費用を26日から無償化。福井県は、県外と往来した家族がいる場合、家庭内で家族全員が2週間マスクを着用するよう県民に要請している。

■4都府県、最後の訴え

 緊急事態宣言が発令されている4都府県の知事も28日、連休中の外出自粛を改めて呼びかけた。

 大阪府の吉村洋文知事は記者会見で「自宅で過ごし、レジャー目的で近隣県に行くことも控えて」と訴え、バーベキューやキャンプなどの自粛も求めた。

 京都府では、昨春の宣言時に比べJR京都駅周辺の人出が多く、西脇隆俊知事は「本当に必要な外出かを考え、命を守るための行動をとってほしい」と述べ、兵庫県の井戸敏三知事は「医療はパンク状態。大型連休に人出を抑えることがポイントだ」と危機感をにじませた。

 東京都の小池百合子知事も記者会見で「昨年のゴールデンウィークをもう一度思い出し、大切な期間をステイホームでお願いしたい」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
2019593 0 ニュース 2021/04/29 06:00:00 2021/04/29 06:00:00 2021/04/29 06:00:00 JR福山駅前に設置されたPCR検査キットの無料配布、回収スポット(福山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210429-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)