読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宣言延長の要請、兵庫知事が言及…大阪府、連休明けに判断

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について、兵庫県の井戸敏三知事は3日、感染者数が大幅に減らなければ、11日までの宣言期間の延長を国に要請する考えを示した。

 兵庫県の感染者数は宣言発令前日の4月24日に過去最多の629人が確認され、その後も500人を超える日が多い。井戸知事はこの日、県庁で記者団に対し、「感染者数が大幅に減らないと、打ち切りという事態にはなりにくい。状況によっては国に延長を要請することもありうる」と述べた。

 また、大阪府の吉村洋文知事は3日、記者団に対し、「感染者数が非常に多く、医療提供体制が極めて逼迫ひっぱくしているということを踏まえ判断したい」と述べ、大型連休明けの6日か7日に府の対策本部会議を開き、方針を決める考えを示した。

 府庁内では「宣言の延長要請は避けられない」との見方が大勢だが、府幹部は「延長を避けたい政府との調整が難航している」と漏らした。

無断転載・複製を禁じます
2029248 0 ニュース 2021/05/04 06:00:00 2021/05/04 06:00:00 2021/05/04 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)