読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ドローン・EVから無線で充電…関電が開発、大阪万博で展示へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西電力は、ケーブルを使わずにスマートフォンやパソコンなどを充電できる無線給電システムの開発に乗り出す。電子レンジなどで使われる電波の一種で、電気を変換して数メートル先まで飛ばせるマイクロ波を活用する。実用化した施設を2025年大阪・関西万博で展示する計画だ。

 マイクロ波を使った給電システムを開発する新興企業のスペースパワーテクノロジーズ(京都市)と連携し、24年に実証実験に取り組む。将来的にはコンセント不要の「スマートホーム」や、屋外にいる人のスマホなどに電気自動車(EV)やドローンから電気を供給するシステムの導入を目指す。

 万博会場では、施設内に電気を送る送信機を壁や床に埋め込み、名刺大の受信機を取り付けたスマホやパソコンが充電できる場を設ける。送信機を載せたEVやドローンを配備し、移動中や行列待ちの人のスマホなどに電気を送る。EVやドローンが電池の残量を自動感知して、充電が必要なエリアに移動するシステムも検証する。

無断転載・複製を禁じます
2034296 0 ニュース 2021/05/07 06:00:00 2021/05/07 06:00:00 2021/05/07 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210507-OYO1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)