読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高齢者ワクチン接種、予約混乱も…大阪・茨木市では受け付け中止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

神戸市で始まった新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける男性(神戸市兵庫区で)
神戸市で始まった新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける男性(神戸市兵庫区で)

 全国の高齢者約3600万人(65歳以上)を対象にした新型コロナウイルスワクチンの接種が10日、本格化した。一方、多くの自治体ではこの日から接種予約の受け付けも始まったが、自治体の窓口には電話や整理券をとるための人が殺到するなどして、一部で混乱が生じた。

 神戸市では約43万人の対象者中、まず75歳以上(約24万人)への集団接種が市内11会場でスタート。兵庫区の男性(78)は接種券が自宅に届いた日に市のコールセンターに50回ほど電話をかけて予約したといい、「コロナに命を奪われるのは嫌なのでホッとした。今後も感染に気をつけて過ごしたい」と話した。

 松江市でも65歳以上(約6万人)を対象にした集団接種が始まった。予約時間より早めに来場する市民が相次ぎ、会場では順番を待つ市民が列を作った。

 接種に用いられる米ファイザー製ワクチンは、10日までに全国の市区町村に行き渡り、政府は7月末までの接種完了を目指している。

 しかし、接種予約をめぐる業務では各地で混乱が生じた。

 大阪府茨木市は10日、一般高齢者に向けた新型コロナウイルスワクチンの集団接種の窓口予約について、この日以降に予定していた受け付けの中止を決めた。9日夜から多くの高齢者が予約をとるために集まって10日配布分の整理券を取得。このため10日に訪れた人たちが整理券をとれず、市側に抗議が殺到したためだ。

 さいたま市では166回線を用意し、85歳以上の約5万5000人からの予約受け付けを午前9時から開始。一時つながりにくくなり、午後3時までに寄せられた予約や問い合わせは7万6728件に上った。電話がつながらないため市保健所を訪れた同市南区の男性(90)は「ここに来れば何とかなると思った。もっといいやり方はないのか」と肩を落とした。

 NTT東日本・西日本はこの日、予約電話の集中が予想された全国の約200自治体の番号で通信制限を実施。話し中で電話がつながらない場合、通常であれば「ツーツーツー」という音が聞こえる状態になるが、今回は制限対象の番号に電話すると「ただいま電話が混み合っています」などの音声案内が流れ、つながらないようにした。通信網の圧迫を防ぐためだ。

無断転載・複製を禁じます
2042859 0 ニュース 2021/05/11 06:00:00 2021/05/11 06:00:00 2021/05/11 06:00:00 新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける高齢男性(10日、神戸市兵庫区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)