読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

1万冊の本 養護施設100か所に…施設出身の女子大生、クラウドファンディングで目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

子どもの頃に好きだった絵本を手に、「施設の子どもたちに人生で最高の一冊に出会ってほしい」と話す山内さん(11日、大阪市内で)
子どもの頃に好きだった絵本を手に、「施設の子どもたちに人生で最高の一冊に出会ってほしい」と話す山内さん(11日、大阪市内で)
プロジェクトの第1弾で、山内さんがいた児童養護施設に贈られた本(山内さん提供)
プロジェクトの第1弾で、山内さんがいた児童養護施設に贈られた本(山内さん提供)

 全国の児童養護施設で暮らす子どもたちに1万冊の本を贈ろうと、今春まで16年間施設で育った女子大学生がクラウドファンディング(CF)を実施し、賛同の輪が広がっている。施設にいた昨春、入所する女の子に「本を読みたいので、教科書を貸してほしい」と言われたことがきっかけだ。女子大学生は「最高の本と出会い、子どもたちに世界を広げてもらいたい」と願っている。(杉山弥生子)

 企画したのは大阪府内の大学1年山内ゆなさん(18)。2歳から16年間、府内の児童養護施設で暮らし、今年3月に退所した。現在は一人暮らしをして、大学で社会福祉を学んでいる。

 児童養護施設では、虐待や貧困など様々な理由で親と一緒に暮らせない子どもが共同生活を送る。山内さんが過ごした施設は大規模で、「周囲に『かわいそう』と思われるけど、大家族のようで楽しかった」と話す。

 しかし、昨春、施設で一緒に暮らしていた小学生の女の子に「国語の教科書を貸してほしい」と言われ、ショックを受けた。勉強のためではない。施設には数冊しか本がなく、女の子にとっては、教科書さえ貴重な読み物だったからだ。

 「本を通して、好きなことを見つけてもらえたら」。そう考えた山内さんは、SNSで本の寄付を募ることを考え、困難を抱えた高校生の教育支援に取り組むNPO法人「CLACK」(大阪市)の平井大輝理事長(26)に相談。施設の職員には「前例がない」と心配されたが、熱意を伝え続けて、納得してもらったという。

 昨年12月にSNSで呼びかけたところ、わずか約2週間で300冊以上が届いた。絵本「100万回生きたねこ」や児童書「星の王子さま」などから大人向け小説まで様々なジャンルで、山内さんが入所していた施設を含む2か所に寄贈。支援者からは<大好きな本はみなさんの生涯の友達であり、困った時に助けてくれる心強い味方になります><世界の広さを感じながら自分の未来にワクワクしてください!>などのメッセージが添えられていた。

 プロジェクト名は、「JETジェットBOOKブック作戦」。遠くの人とつながれる「ジェット機」のように、本を通して施設の子どもが多くの人の思いに触れ、羽ばたいてほしいとの願いを込めた。

 今回実施しているCFは「第2弾」で、4月から寄付の募集を開始。支援者には寄付金とともに、お気に入りの一冊と子どもへのメッセージを寄せてもらう。寄付金で書籍を購入し、メッセージを記したしおりをつけて、全国の児童養護施設100か所に各100冊を贈ることを目指している。

 目標金額3000万円に対し、15日現在、1700人以上から1100万円超が集まっている。

 プロジェクトを通して、児童養護施設への理解を広げたいとの思いもある。児童福祉の仕事を目指す山内さんは「施設には、大人を信用しにくい子どももいる。本という見える形で、自分たちのことを応援してくれる人がいると知ってもらいたい」と期待を込めた。

 CFは5月31日まで。CF運営大手「レディーフォー」のサイトから寄付できる。

児童養護施設

 児童福祉法に基づき、家庭での養育が難しい原則18歳未満の子どもが過ごす施設。社会福祉法人などが運営し、2019年3月末時点で全国に605か所あり、約2万4900人が入所している。厚生労働省が今年4月に公表した実態調査によると、児童養護施設や里親家庭など社会的養護の経験者(ケアリーバー)は、5人に1人が収入より支出が多い「赤字」の生活に陥っているとされる。

無断転載・複製を禁じます
2053992 0 ニュース 2021/05/15 15:00:00 2021/05/15 15:00:00 2021/05/15 15:00:00 児童養護施設に本を送る活動に取り組む山内ゆなさん(11日、大阪市天王寺区で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYO1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)