読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン456人分、保冷ミスで廃棄…堺市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 堺市は10日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場「ホテル・アゴーラリージェンシー大阪堺」(堺区)でワクチンの保冷ミスがあり、456人分を廃棄したと発表した。同じ会場では今月1日にも保冷ミスがあり、210人分を廃棄していた。

 発表によると、薬剤師が8日午前、米ファイザー製ワクチンが入った冷蔵庫のコンセントを主電源から非常用バッテリーに差し替えた。9日夕まで冷蔵庫は正常に作動していたが、10日朝に委託業者がワクチンを取り出す際、庫内が冷えていないことに気付き、バッテリーの電源が切られていたことがわかった。

 市によると、1日のミスは従業員が誤って主電源のブレーカーを落としたのが原因だった。今回、バッテリーの電源が切れていた原因は調査中で、市は当面、ワクチンを会場ではなく別の場所に保管し、接種する分だけ配送する。

無断転載・複製を禁じます
2116880 0 ニュース 2021/06/11 06:00:00 2021/06/11 06:00:00 2021/06/11 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)