読売新聞オンライン

メニュー

足楽々 運転専用靴…マツダとミズノが共同開発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ
マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ

 マツダとミズノは6日、車の運転時に履くドライビングシューズを共同開発したと発表した。同日、ネットで資金を集めるクラウドファンディングのサイト「マクアケ」で購入予約の受け付けを始めた。価格は3万9600円(税込み)など。

 マツダの自動車設計のノウハウと、ミズノのスポーツ用品の開発技術を持ち寄って運転時の足への負荷を解析し、設計に反映させた。靴底はペダル操作をしやすく負担が少ない構造とし、つま先部分には、動かしやすいよう伸縮性の高い素材を採用した。

 当初はマクアケでの受注生産のみだが、一定の需要が見込めれば店頭での販売も検討する。マツダとミズノは2015年から素材開発で協業しており、今回が製品化第1弾となる。

無断転載・複製を禁じます
2185693 0 ニュース 2021/07/07 06:00:00 2021/07/07 06:00:00 2021/07/07 06:00:00 マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210707-OYO1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)