スマートグラスで会話を文字化…大日本住友製薬が難聴者向けに開発へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大日本住友製薬は、難聴者のコミュニケーションを支援するスマートグラス(眼鏡型情報端末)の開発に乗り出した。筑波大発の新興企業ピクシーダストテクノロジーズ(東京)との共同研究で、話し相手の発言内容を自動認識し、字幕で表示する技術を確立したい考えだ。2023年中の販売開始を目指す。

 スマートグラスに内蔵したマイクで拾った音声を、人工知能(AI)やソフトウェアで文字に変換する仕組みを想定している。相手が複数いても、誰が話したか分かるよう字幕を表示。字幕は、レンズに投影したり、網膜に直接映したりといった方法を検討している。

 日本補聴器工業会によると、国内の難聴者数は1400万人を超える。補聴器を付けても、「複数の人が同時に発言すると聞き取りにくく、誰が話しているか分からない」と感じる難聴者は多い。1対1で会話していても、周囲の雑音と混じり、話し相手の発言が正確に理解できないケースもある。

 大日本住友製薬の担当者は「スマートグラスで、難聴の人たちのコミュニケーションを円滑にしたい」と話している。

▼あわせて読みたい▼

耳の聞こえにくい人と聞こえる人、手話で多様性の舞台を共演…大阪の劇団

遺伝性難聴の原因、内耳細胞の異常をiPSで細胞で再現…治療薬研究に活用へ

ピアノの演奏をAIが「耳コピ」、5分の曲も1~2分で楽譜に…京大など開発

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2365194 0 ニュース 2021/09/14 15:00:00 2021/09/28 02:35:52 2021/09/28 02:35:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210914-OYO1I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)