地域の足にマイカー送迎、実費程度で高齢者を手助け…課題は安全性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

住民による移動支援サービスを利用する高齢者(香川県丸亀市で)
住民による移動支援サービスを利用する高齢者(香川県丸亀市で)

 公共交通機関の空白地域で、住民が実費程度の料金を受け取り、マイカーなどで高齢者らを送迎する取り組みが広がっている。旅客の運送には第二種運転免許が必要だが、国土交通省が2018年、実費程度であれば一種免許の住民でも可能と通達。地域の足として期待される一方、安全性の担保といった課題もある。(高山智仁、新居重人)

◆バス停遠く

 住宅が点在する香川県丸亀市綾歌町の岡田地区。独り暮らしの男性(87)は、自宅からボランティアの住民が運転する車に乗り、約2キロ離れたコミュニティーセンターで降りた。「いつもありがとう」と感謝し、生涯学習教室に向かった。

 同地区では19年10月、住民がマイカーで高齢者を送迎するサービスを1回100円で開始。現在約15人のボランティアが、高齢者ら約60人の買い物や行事参加を手助けしている。

 この男性は3月に運転免許証を返納し、月8回送迎サービスを利用している。センターまでは路線バスがあるものの、自宅からバス停までは徒歩15分以上。「サービスがなければ、事故の心配があっても生活のため運転を続けていたと思う」と話す。

◆登録不要

 地方では、人口減少などで公共交通網の集約が進む。国交省によると、鉄道は00年度以降、全国の45路線約1160キロ、路線バスは16年度までの10年間に約1万4000キロが廃止された。

 一方で、高齢者の事故が相次いでいることなどを受け、運転免許返納も増えている。

 道路運送法では、対価を得て車で送迎するには、国の許可や二種免許が必要だが、地域の実情を踏まえ、06年に同法を改正。事前に国に登録すれば、市町村やNPOなどが一種免許でも送迎可能とする「自家用有償旅客運送制度」ができた。さらに国交省は18年、住民が実費程度の料金で送迎する移動支援サービスなら、事前の許可・登録も不要とする通達を出した。

 高齢化率が50%を超える大津市葛川地区では19年12月、地域で車1台を共有し、ボランティアの住民が送迎に使う「コミュニティ・カーシェアリング」が始まった。大阪府太子町は昨年11月から、ボランティア団体に軽乗用車2台を無償貸与。荷物の持ち運びや介助支援なども含め、1時間600円から利用でき、月60回程度送迎が行われている。

 国の調査研究機関「国土交通政策研究所」によると、許可・登録を必要としない移動支援サービスは18年末時点で、少なくとも全国約150か所で実施。NPO法人「全国移動サービスネットワーク」(東京)は「現在はその2~3倍に広がっている」としている。

◆対策難しく

 バスやタクシー会社の場合、運輸局から運行管理者の配置状況など安全面を細かくチェックされる上、運転手は要件が厳しい二種免許の取得・更新が必要だ。自家用有償旅客運送制度でも、責任者が運行や整備の安全面を管理する。

 移動支援サービスでは、補償が利用者に及ぶ任意保険の加入を運転者側に求めたり、交通安全研修の受講を義務づけたりするケースもあるが、まちまちだ。サービスを担う団体は「あくまでボランティア。バスやタクシーと同じレベルの安全対策は難しい」とする。

 中央大研究開発機構の秋山哲男教授(公共交通計画)は「地方では車が必要で、住民ボランティアの送迎サービスは今ある危機をしのぐ有効な手段」と評価。一方、「安全対策には課題が残る。本来、地域の足の確保は行政の責任で、将来的には国や自治体が主導し、持続可能な体制を構築する必要がある」と指摘する。

第二種運転免許

 タクシーやバスなどの旅客運送、代行運転などに必要。自家用車などの一種免許を取って3年が経過すると、取得可能となる。試験は学科、実技とも一種より難易度が高い。警察庁によると、2020年現在、約160万人が保有している。

▼あわせて読みたい▼

高齢者送迎に公用車活用…大阪・太子町が貸し出し

「地方の足」守れ 待ったなし(小嶋光信 両備グループ代表)

移住者にタクシー・高速バス・飛行機の「サブスク」提供…「公共交通が不便」を解消へ

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2552184 0 ニュース 2021/11/27 06:00:00 2021/11/27 06:00:00 2021/11/27 06:00:00 地域で運行する移動サービスを活用するお年寄り(丸亀市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211127-OYO1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)