ずんずん積もれ…兵庫・ハチ高原スキー場に降雪

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

一面の雪景色となったハチ高原スキー場(27日午前9時、兵庫県養父市で)=原田拓未撮影
一面の雪景色となったハチ高原スキー場(27日午前9時、兵庫県養父市で)=原田拓未撮影

 冬型の気圧配置で冷え込みが強まり、兵庫県養父市のハチ高原スキー場(標高約900メートル)では27日、今季初めて本格的に雪が降り、一面の銀世界になった。

 同スキー場がある 鉢伏はちぶせ 高原では、昨夜から約15センチの雪が積もった。スキー場では来月11日のオープンに備え、ゲレンデ(長さ約750メートル、幅約15メートル)づくりが進んでいる。西坂智所長(51)は「ゲレンデは人工雪でつくり始めていますが、天然雪で滑ってもらえる本格的な冬の訪れが待ち遠しいですね」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2552579 0 ニュース 2021/11/27 15:00:00 2021/11/27 15:00:00 2021/11/27 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211127-OYO1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)