読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

冬の楽しみをさがせ…神戸市の人工スキー場で今季の営業始まる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

初滑りを楽しむ人たち(4日午前、神戸市灘区の六甲山スノーパークで)=前田尚紀撮影
初滑りを楽しむ人たち(4日午前、神戸市灘区の六甲山スノーパークで)=前田尚紀撮影

 神戸市灘区の人工スキー場「六甲山スノーパーク」(標高855メートル)が4日、今季の営業を開始し、親子連れらが初滑りを楽しんだ。

 11月初めから毎日約240トンの人工雪を降らせ、第1ゲレンデ(幅約20メートル、全長約260メートル)が完成。第2ゲレンデも年内にオープンする予定。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、昨季の利用客は例年の半分の約7万人。今季も影響を受けそうで、営業は昨季より3週間ほど短い来年3月6日まで。

 この日は仮装イベントもあり、絵本やアニメのキャラクターに ふん した利用客らがスノーボードやスキーでさっそうと滑っていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2569860 0 ニュース 2021/12/04 15:00:00 2021/12/04 15:00:00 2021/12/04 15:00:00 初滑りを楽しむ人たち(4日午前9時34分、神戸市灘区の六甲山スノーパークで)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211204-OYO1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)