京大霊長類研、再編の行方は…研究費不正で3月に解体 3万人超の反対署名も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

愛知県犬山市の京大霊長類研究所。右下にあるのがチンパンジーの野外飼育施設
愛知県犬山市の京大霊長類研究所。右下にあるのがチンパンジーの野外飼育施設

 チンパンジーの研究などで知られる京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)が、3月末で解体、組織再編される。きっかけは、研究費の不正経理問題が発覚したことだ。京大は、ガバナンス(組織統治)強化や研究活動の進展につながると説明するが、半世紀以上の歴史に幕が下りることに、OBらからは惜しむ声が上がる。(増田弘治、三味寛弥)

甲子園60個分

45歳になったアイ。今も研究のための実験に参加している(京大霊長類研究所提供)
45歳になったアイ。今も研究のための実験に参加している(京大霊長類研究所提供)
アイは、一度見た数字を記憶し、白い四角で隠しても順番通り選ぶことができた(京大霊長類研究所提供)
アイは、一度見た数字を記憶し、白い四角で隠しても順番通り選ぶことができた(京大霊長類研究所提供)

 住宅街が広がる丘陵地。甲子園球場60個分の敷地の一角に、木立に囲まれた巨大なケージがある。チンパンジー12頭が暮らす霊長研の飼育施設だ。時折、仲間を呼び合う鳴き声が響く。 12頭でよく知られているのは、メスの「アイ」だ。コンピューター画面に表示された0~9の数字を見た後、数字を隠した状態で5個までなら小さい順番に指し示したという2000年の研究は、世界を驚かせた。アイは今、45歳。人間で言えば高齢者だが、組織再編後も物体の認識などに関する実験に参加するという。

渋沢にゆかり

 霊長研が開設されたのは1967年6月。旗振り役を務めたのが、日本の霊長類学の創始者とされる今西錦司・元京大理学部教授(1902~1992年)だ。終戦後、宮崎県の 幸島こうじま で野生ニホンザルの調査に着手。1匹ずつ名前をつけて集団を観察する「個体識別法」を編み出したことで知られる。今西氏らの働きかけを受けて、日本学術会議が政府に霊長研の開設を勧告した。

 研究棟が犬山市に建てられたのは、渋沢栄一の孫にあたる実業家・渋沢敬三の仲介で、名古屋鉄道が敷地を提供したことに由来する。霊長研はアフリカでの野外調査を長年続けており、2020年度末時点で、教員や大学院生ら約200人が所属している。

廃止部門も

 京大が霊長研の解体を発表したのは、昨年10月26日だった。脳や遺伝子、人類の進化について研究する5部門を、現在の場所に新設する「ヒト行動進化研究センター」(仮称)に引き継ぎ、サルの生態などを野外で調査する4部門は、大学院理学研究科や野生動物研究センター(京都市)に振り分ける。不正経理にかかわった松沢哲郎・元特別教授(懲戒解雇)が主宰していた「思考言語分野」など3部門は廃止か休止とする。

 湊長博学長は記者会見で、「不正経理がかなりの期間にわたって続いていたにもかかわらず、所内で注意喚起がされなかった。組織体制や運営に問題があった」と指摘。再編により学内の他部局との連携が期待できるとし、「霊長研の機能を十分維持しつつ、霊長類学の一層の展開を推進する」と説明した。

 新組織では、チンパンジーやニホンザルなど約1100頭の飼育は続けるが、年間9億円近くあった運営費は、規模縮小に伴い大幅に削減される見通しだ。

署名3万人

 研究者らからは、京大に再考を求める声も上がる。

 霊長研OBら29人でつくる有志の会(代表=杉山幸丸・京大名誉教授)は昨年12月16日、インターネットで集めた約3万1500人の反対署名を京大に提出した。

 1996~99年に所長を務めた杉山名誉教授は「霊長研は分野の垣根を越えた交流の場だった。野外で調査する研究者と、実験が主の研究者が活発に議論を重ねることで、世界をリードする成果を上げてきた」と惜しみ、「組織がバラバラになれば、どうやって研究を推進していくのか」と疑問を口にする。

 日本霊長類学会と日本人類学会も「多大な損失。再考を促す」との文書を京大に提出した。

研究費の不正経理問題  チンパンジー研究の第一人者で、霊長研の所長も務めた松沢氏らが2011~14年度の飼育施設工事で、業者に代金を二重払いするなどの方法で、研究資金計約5億円を不正支出。京大が20年6月に調査結果を公表した。会計検査院は同11月、複数の業者に入札の内部情報を伝えて参加させるなど、不適切な支出は計約11億円に上ると指摘した。

▼あわせて読みたい▼

京大霊長類研が解体へ…「ヒトとは何か」解明目指し、国内外の研究をリード

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2694921 0 ニュース 2022/01/22 15:00:00 2022/01/22 15:00:00 2022/01/22 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYO1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)