平和願い悠々泳ぐ 大和川河川敷…奈良・王寺町

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

空を悠々と泳ぐこいのぼり(王寺町で)
空を悠々と泳ぐこいのぼり(王寺町で)

 奈良県王寺町の大和川河川敷で、色とりどりの60匹のこいのぼりが大空を悠々と泳いでいる。5月末まで。

 町が出合橋付近の河川敷約200メートルに設置。こいのぼりは、世界平和とコロナ禍の終息を願い、町内にある達磨寺で祈願をしたもの。20本の支柱に3匹ずつ掲揚されている。

 約30匹のデザインや絵付けを町内の幼・保育園の園児と奈良芸術短期大(橿原市)の学生らが手がけ、町のマスコット・雪丸のイラストやメッセージなども描かれた。

 町の担当者は「子どもたちの願いを込めたこいのぼりが大空を泳ぐ姿を見て、少しでも元気になってもらえたら」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
2955919 0 ニュース 2022/04/27 06:00:00 2022/04/27 06:00:00 2022/04/27 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220427-OYO1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)