クラウドファンディングで古民家改修 自然を楽しむ街づくり拠点に…大阪・泉佐野

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

改修されて「みんまち村」として生まれ変わった古民家(泉佐野市で)
改修されて「みんまち村」として生まれ変わった古民家(泉佐野市で)

 日本遺産に認定されている農村景観地区が広がる泉佐野市大木地区で21日、自然を楽しみながら様々な活動ができる施設「シェア・ワークショップ みんまち村」が完成した。

 地域の活性化に取り組む市民団体「みんなのまちづくり隊」(袋谷幸宏代表)が、台風被害に遭った築約150年の古民家を改修した。費用は、古民家改修とともに、地区にある民家の軒先をステンドグラス製ランプで彩る計画を立てて、クラウドファンディング(CF)で募集。226人から約370万円が寄せられた。

 施設には、料理教室を開けるキッチンや茶道ができる和室、広間などがある。また、オンライン会議ができるようにインターネット環境も整備されている。

 この日は、親子連れらが訪れ、地区のランプを巡るスタンプラリーや施設内のギャラリー展などを楽しんでいた。袋谷代表は「いろんな用途で使ってもらい、人に喜んでもらえる施設となるよう、みんなで作り上げていきたい」と話していた。

 問い合わせは、同隊事務局(050・3150・8739)。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3020340 0 ニュース 2022/05/22 06:00:00 2022/05/22 06:00:00 2022/05/22 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYO1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)