初夏の夜の夢 ヒメボタルの乱舞…大阪・泉南の神社

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

神社の境内で光を放つヒメボタル(20秒間露光で撮影した3枚を合成)(23日夜、大阪府泉南市で)=東直哉撮影
神社の境内で光を放つヒメボタル(20秒間露光で撮影した3枚を合成)(23日夜、大阪府泉南市で)=東直哉撮影

 大阪府泉南市にある「 おの 神社」の境内で、ヒメボタルが幻想的な光を放ちながら飛び交い、初夏の訪れを感じさせている。

 ヒメボタルは陸地に生息し、水辺で見られるゲンジボタルより小さい。午後8時半頃、赤い鳥居や石灯籠の周りをふわふわと飛び始め、日付が変わる頃まで乱舞は続く。同神社では5月に入る頃から見られ、今月いっぱい楽しめるという。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3037486 0 ニュース 2022/05/28 10:57:00 2022/05/28 10:57:00 2022/05/28 10:57:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220528-OYO1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)