兵庫・尼崎市のUSBメモリー紛失問題 第三者委員会が初会合

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県尼崎市の全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーを委託業者が一時紛失した問題で、原因究明や再発防止を検討する第三者委員会の初会合が4日、市役所で開かれた。第三者委は半年程度で報告書を取りまとめる方針。

 初会合では、委員3人の中から関西大総合情報学部の小林孝史准教授が委員長に選任された。稲村和美市長は「再発防止に向けた取り組みをスピード感を持って進めたい」と述べた。

 小林准教授は終了後、報道陣に対し「市が業務を外部委託する際、事業者をどう監督していくかのルール作りにも力点をおきたい」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3141294 0 ニュース 2022/07/05 06:00:00 2022/07/05 06:00:00 2022/07/05 06:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)