サムティ・刀、ネスタリゾートの買収発表…5年間で100億円投資へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 不動産開発大手のサムティとマーケティング会社の刀は5日、兵庫県三木市のテーマパーク「ネスタリゾート神戸」の運営権を取得したと正式に発表した。取得費用を含め、今後5年間で100億円を投資する方針。アトラクションや敷地内のホテルを刷新して魅力を高め、集客力の向上を目指す。

 サムティが60%、刀が40%を出資して合弁会社を設立し、ネスタを運営する「延田エンタープライズ」(大阪市)の子会社の株式を取得した。取得額は非公表。従業員の雇用は継続する。今後、土地や建物も引き継ぐ。

 サムティの土地開発のノウハウを生かし、ネスタ周辺の土地を取得して規模を拡大することも検討する。

 ネスタは1980年に開業した保養施設「グリーンピア三木」が前身で、パチンコ店を展開する延田グループが2016年にオープンさせた。約230万平方メートルの敷地内に、自然の中で楽しめるアトラクションやホテル、飲食店を備え、18年から刀と協業していた。

 サムティの小川 靖展やすひろ 社長は大阪市内で記者会見し、「ネスタをさらに発展させ、関西有数のテーマパークにしたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3144805 0 ニュース 2022/07/06 06:00:00 2022/07/06 06:00:00 2022/07/06 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220706-OYO1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)