読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日常写し 物語発信

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

土佐町の可能性を語る石川さん(土佐町で)
土佐町の可能性を語る石川さん(土佐町で)

 ◇土佐町移住の写真家 石川拓也さん 43

 県北部、豊かな自然に囲まれた人口約4000人の土佐町に、写真家として世界中を旅し、雑誌「SWITCH」などで、人気歌手のレディー・ガガさんや桑田佳祐さんら著名人の撮影も手がけた石川拓也さん(43)が移り住み、町の情報発信に取り組んでいる。「『何もない田舎によく来てくれて』とみんな言うけど、何でもあるよね。この町のすごさを町の人たちに気づいてもらうことも、大きな目的」と熱く語る。

 ■広報紙デザイン

 千葉市出身で、大学を中退し、世界中を旅する中で、写真を撮り始めた。紛争中のボスニア・ヘルツェゴビナで報道写真を撮っていたこともあるが、「極限状態よりも、日常のなかで違う視点を提案するとか、誰もが気づいていない美しさを表現する方が性には合ってるんじゃないか」と、ニューヨークや東京を拠点にして活動を続けた。

 高知は何度も訪れたことがあったが、同町に初めて足を運んだのは2016年春。役場職員から「町の広報がうまく機能していない」という話を聞き、「それだったら、俺やるよ」と即決。その年の8月に同町に移住し、「地域おこし協力隊」の隊員として働き始め、町の広報紙の表紙をデザインするようになった。

 ■新しいサイト

 昨年6月には新たな町のウェブサイト「とさちょうものがたり」を開設した。広報紙とはひと味違った視点で町の魅力を発信しようと、自ら撮影した写真付きで町民の「人となり」を紹介したり、町民オススメの書籍をメッセージを添えて共有したり。また、町の広報活動だけでなく、イベント企画やフリーぺーパーの発行、町内で開催されたライブのCD化など活動の裾野を広げている。

 「『そもそも、生きるってなんだっけ』というような深いところから表現すれば、都会にいる人も、他の地域にいる人も誰しも共感できる物語がある」

 ■意識を変えたい

 豊かな自然のなかで夏に川遊び、庭先で作っている野菜の驚くほどのおいしさ――。町民にとってはあたりまえのものでも、町外から来た人にとっては魅力的なものはいっぱいある。

 「でかい話になっちゃうけど、ちょっとずつ町の人たちの意識が変わっていくといいなって。町民が外に出て『うちの町ってこんなにすごいんやで』と言うのか、『何もない田舎ですわ』と言うか。その差は大きい」と目を輝かせる。

 ◆取材後記 感性もたらす心の変化期待

 田んぼや渓谷などの風景を切り取った写真に、「こうほう とさちょう」というタイトルと町のロゴを加えたシンプルな表紙。「こんなオシャレな広報紙があるんだ」と手に取り、どこか懐かしい風景だなと思いを巡らせた。

 やっと手がけた本人に会うことができた。世界中を旅していた頃の痛快なエピソードを振り返り、「バカじゃないとできない。世の中を知らなくて。すっごいバカだったのが、40歳過ぎて、ちょっとバカくらいになった」と明るく笑う。

 一転して、真剣な表情から紡ぎ出される言葉は、「人間が生きていく適正な共同体の大きさとは何か」「肩書とか人間が身に着けているものは記号」など、生きることに対しての本質的な問いだ。

 「世の中に垂れ流されている都会の価値観に巻き込まれて『都会はかっこいい、田舎はダメ』になっちゃう。おしゃれなカフェなんてなくても、何千年も人間は生きてきた。『カフェがない田舎はダサい』というのはすごく表面的。何が、本当に必要なものかという問いかけこそが大切」と語ってくれた。

 世界を旅し、いろんな人の暮らしを見て、たどり着いた境地だろう。石川さんの感性が、町内外の人の心にどんな変化をもたらすか楽しみだ。(福田友紀子)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
16721 0 人あり 2018/04/15 05:00:00 2018/04/15 05:00:00 土佐町の可能性を語る石川さん(土佐町役場で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180414-OYTAI50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)