読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

穏やかな年 願って…潮江天満宮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

破魔矢をつくる女性たち(高知市で)
破魔矢をつくる女性たち(高知市で)

 魔よけや開運を願う縁起もの「破魔矢」づくりが12日、高知市天神町の潮江天満宮で始まった。毎年三が日の初詣客が約20万人になる天満宮でも、新型コロナウイルスの影響が心配されるが、正月に向けて準備を進める。

 この日は神職と氏子の女性ら10人が集まり、赤や白の破魔矢に来年の干支えと「丑」にちなんで牛が描かれた絵馬や鈴を手作業で丁寧に取り付けていった。

 毎年の楽しみだという同市唐人町の石崎鈴枝さん(83)は「年の瀬を感じ、気持ちが洗われるようだ」と話し、10年以上手伝いを続ける同市高見町、千頭きのえさん(80)は「好きなことを思い切りできるような穏やかな年が戻ってきますように」と願いを込めた。

 感染予防のため、社殿にかかる鈴の緒の使用を中止する予定。それでも例年通りの初詣客を見込み、破魔矢や熊手を計約1万4000本、お守りを約5万2500個用意する。

無断転載・複製を禁じます
1696581 0 ニュース 2020/12/13 05:00:00 2020/12/13 05:00:00 2020/12/13 05:00:00 破魔矢をつくる女性たち(12月12日午前10時42分、高知市で)=大家広之撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201212-OYTNI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)