読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

消防指令業務 共同運用へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調印を終えた岡崎市長(左)と板原市長(高知市で)
調印を終えた岡崎市長(左)と板原市長(高知市で)

災害備え 高知、土佐市が調印

 南海トラフ地震などに備え、高知、土佐両市が、119番などを受理して出動を指揮する指令業務を共同運用することになり、高知市役所で5日、調印式が行われた。2023年秋の運用開始を目指す。

 計画では、高知市消防局に新しい指令センターを設ける。人員を集約することで、救急車や消防車に迅速な指示を出せるようになるほか、市境を超えた広域的な災害への対応力も高まるという。また、システム整備費の節減も期待される。

 調印式で、高知市の岡崎誠也市長は「着実に整備を進め、住民の命を守るために活用していく」と述べ、土佐市の板原啓文市長は「消防業務は一分一秒を争うだけに市民の大きな安心につながる」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1749526 0 ニュース 2021/01/06 05:00:00 2021/01/06 05:00:00 2021/01/06 05:00:00 調印を終えた岡崎・高知市長(左)と板垣・土佐市長(高知市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210105-OYTNI50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)