有田選手 前期最優秀

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

浜田知事(左)から表彰された有田選手(県庁で)
浜田知事(左)から表彰された有田選手(県庁で)

県庁で表彰式 「後期もチーム貢献したい」

打率3割3分1厘、19打点

 

 四国4県の知事が四国アイランドリーグplusで活躍した選手を表彰する優秀選手賞(チームMVP)の中から、前期で優勝した高知ファイティングドッグス(FD)の有田諒嘉選手(22)が最優秀選手(4県MVP)に選ばれ、表彰式が27日、県庁で行われた。浜田知事から表彰状と副賞の土佐あかうし、アールスメロンなどが贈られた。

 投打がかみ合った高知FDは、今月6日に徳島インディゴソックスに連勝して昨年後期に続く優勝を決めた。有田選手は打率3割3分1厘、19打点と優勝に貢献した。

 高知FDの吉田豊彦監督が「今季は勝っても負けてもチームの雰囲気が変わらず、頼もしかった」と優勝を報告。有田選手は「後期も打撃と守備でチームに貢献できるよう頑張りたい」と決意を述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「地域」の最新記事一覧
3118956 0 ニュース 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 2022/06/28 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220627-OYTNI50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)