世界女子ハンド メイン会場お披露目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

色鮮やかな一般観客席や4面ビジョンが設けられたパークドーム熊本
色鮮やかな一般観客席や4面ビジョンが設けられたパークドーム熊本

 30日に開幕する女子ハンドボール世界選手権大会のメイン会場となるパークドーム熊本(熊本市東区)の仮設工事がほぼ完了し、19日、報道陣に公開された。得点や選手名などが映し出される4面ビジョンや、仮設の観客席などがお披露目された。

 会場の内装は、火の国・熊本の赤と肥後てまりの柄をイメージ。試合コートの上に設けられた4面ビジョンは、275インチ(縦3・6メートル、横6メートル)の大画面で、試合時間以外に映像が流れる。一般観客席は約7000席で、別に食事やアルコールを楽しみながら観戦できるホスピタリティ席もある。

 熊本国際スポーツ大会推進事務局の小佐田洋一・会場課長は「『KUMAMOTO』の文字を、世界にアピールできる会場になった。ぜひ多くの人に来場してほしい」と呼びかけた。

無断転載禁止
907323 0 ニュース 2019/11/20 05:00:00 2019/11/20 05:00:00 2019/11/20 05:00:00 仮設工事が完了した会場(午後1時7分) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191119-OYTNI50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ