黒川温泉照らす 幻想的湯あかり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

温泉街を照らす竹灯籠の明かり
温泉街を照らす竹灯籠の明かり

 南小国町の黒川温泉で、竹灯籠を使ったライトアップ「湯あかり」が行われている。温泉街を流れる川に、まりの形をした灯籠が並び、温かな光が揺らめいている。4月5日まで。

 黒川温泉観光旅館協同組合などが2012年から行っている恒例の催し。灯籠は、旅館や商店の経営者、黒川温泉の地域づくり活動に協力するボランティア「第二村民」らが協力して手作りした。

 日暮れから午後10時まで、毎日点灯。灯籠は、小田温泉や満願寺温泉といった町内の他の温泉街にも置かれている。同組合は「温泉や食事と合わせて、幻想的な明かりを楽しんでほしい」と話している。

無断転載禁止
1014246 0 ニュース 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 2020/01/23 05:00:00 温泉街を照らす竹灯籠の明かり https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200122-OYTNI50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ