名器の音色奏でよう スタインウェイピアノ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本市は7月1日から、世界三大ピアノと呼ばれるスタインウェイピアノの無料貸し出しを始める。熊本城ホールなどのステージで演奏でき、名器の奏でる音色と大きなホールを独り占めできる。

 市によると、新型コロナウイルスの影響でコンサートやイベントなどが中止となり、ホールは空きが多い状態となっている。これを受け、所有するスタインウェイピアノを活用し、子どもたちや音楽愛好家らに本物のステージを身近に感じてもらおうと企画した。

 会場は熊本城ホール(中央区)と市民会館シアーズホーム夢ホール(同)の2か所。午前10時~午後4時までの間、1組1時間を上限に利用できる。ピアノ経験のある市民と市内に通学・通勤している人が対象で、各会場ごとに電話で予約を受け付けている。すでに7月19日までの第1弾の予約分はほぼ埋まっており、第2弾は7月11日から受け付ける。

 大西一史市長は「ステージで一流アーティストの気持ちでホールを独り占めし、演奏を存分に楽しんでもらいたい」と話している。

 問い合わせは、熊本城ホール(096・312・3737)、市民会館シアーズホーム夢ホール(096・355・5235)へ。

無断転載・複製を禁じます
1309612 0 ニュース 2020/06/30 05:00:00 2020/06/30 05:00:00 2020/06/30 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ