熊本市PCRセンターあすから 新型コロナ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

センターで検体採取を実演する医師ら
センターで検体採取を実演する医師ら

 熊本市は3日、新型コロナウイルスのPCR検査を担う市医師会PCRセンターを報道陣に公開した。6日から運用を始める。

 市の委託を受けた市医師会が運営し、医師1人、看護師2人、臨床検査技師4人、事務員3人で対応。1日最大20検体の検査が可能で、市の検査能力は1日最大144検体に拡充される。

 検査は、センターに登録した市内の医療機関からの紹介・予約が必要で、平日の午後2~4時に行う。

 検査を受ける人は、敷地内に車を止めた後、検査ブースに歩いて移動し、アクリル板越しに医師から検体を採取してもらう。受け付けから検体採取まで約10~15分かかるという。

無断転載・複製を禁じます
1319867 0 ニュース 2020/07/05 05:00:00 2020/07/05 05:00:00 2020/07/05 05:00:00 センターで検体採取を実演する医師ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200704-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ