被災者に温泉無料開放 津奈木

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 豪雨で被災した津奈木町の「つなぎ温泉 四季彩」が温泉設備を復旧させ、被災地の住民に向けて無料開放を行っている。

 施設は1階の機械室や倉庫などが浸水した。4日から営業が出来なくなったものの、町内の土砂崩れ現場で捜索にあたっている自衛隊員や被災者らに風呂を利用してもらおうと、職員が約10人がかりで泥水を洗い流したり、機械を乾燥させたりして、浴場部分だけ利用できるまでに復旧させた。

 7日に自衛隊員を受け入れるなどした後、9日から同町や芦北町、水俣市などの住民を対象に無料開放している。利用時間は当面の間、正午から午後6時まで。

 自宅1階が浸水したという芦北町の自営業鬼塚智光さん(29)は9日に利用し、「2日ぶりのお風呂で、泥や汗が落ちてさっぱりした」と気持ちよさそうに語った。

 施設の丸山弘所長(49)は「被災された方のため、一日でも早く利用できるようにと復旧作業をした。少しでも疲れを癒やしてほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1335846 0 ニュース 2020/07/12 05:00:00 2020/07/12 05:00:00 2020/07/12 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ