新型コロナ 県感染状況「レベル3」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 県内で新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、県は27日、感染状況を示す区分を1段階引き上げ、「レベル3(警報)」とした。蒲島知事は、感染拡大防止を目的に、不要不急の県境を越えた移動を自粛するよう県民に要請した。

 26日に感染が判明した熊本市中央区の飲食店従業員女性(20歳代)は、カウンター越しに接客を伴う飲食店勤務だったことが判明。知事は、感染防止の取り組みが徹底されていないバーやクラブなどの利用を自粛するよう求め、防止策が徹底されない店舗には、「休業要請も辞さない強い姿勢で臨む」と強調した。

 県内では26日夜にも感染確認が相次ぎ、同日は過去最多となる21人の感染を確認。27日も午後7時までに計10人の感染が新たに確認された。

 県内初のクラスターが発生した有明保健所管内(荒尾市、玉名市郡)の企業は、造船会社「ジャパンマリンユナイテッド」(横浜市)の有明事業所(長洲町)と判明した。同社が27日に発表した。

 熊本、福岡両県で関係者計25人の感染が確認されており、濃厚接触者は、2週間の自宅待機措置を取っているという。

 27日には、同社関係者2人のほか、菊池市の男性職員(40歳代)、山鹿市の会社員(20歳代)、熊本市東区の男性(60歳代)の感染が確認された。

無断転載・複製を禁じます
1369173 0 ニュース 2020/07/28 05:00:00 2020/07/28 05:00:00 2020/07/28 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ