全日本SUP選手権延期 水俣 来月11日に代替催し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 水俣市の湯の児海水浴場で10月に予定されていた第9回全日本SUP選手権大会が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で来年に延期された。これを受け、市などの関係者は、競技人口を増やし、選手権大会への機運を盛り上げるため、体験レースなどSUPと市民が親しめる代替イベントを10月11日に開催することを決めた。

 SUPは「スタンドアップパドルボード」の略称で、ボードに乗ってパドルをこぐマリンスポーツ。市は昨年3月、水俣の海を「SUPの聖地」にする目標を掲げ、観光振興策の一つとして、「全日本SUP選手権を誘致する会」を設け、官民一体で準備を進めてきた。

 地元の熱意を受け、日本SUP協会は全日本選手権の水俣開催を決定。ところが、新型コロナウイルス感染防止のため、7月末の理事会で1年延期が決まった。

 8月の市や観光団体などでつくる「MINAMATA SUP PROJECT委員会」の会合で、高岡利治市長が日本SUP協会の決定を報告。会合では、代替イベントを水俣の委員会独自で開くことを確認した。初心者向けの体験レースや地元海産物などを集めたマルシェを計画している。

 全日本選手権については、来年10月開催を軸に日本SUP協会と調整を進めていくという。

無断転載・複製を禁じます
1476913 0 ニュース 2020/09/15 05:00:00 2020/09/15 05:00:00 2020/09/15 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ