疫病退散願い棚田照らす 山鹿灯籠

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

金灯籠などでライトアップされた棚田
金灯籠などでライトアップされた棚田

 山鹿市菊鹿町矢谷の番所地区にある棚田で18日、山鹿灯籠などを使ってライトアップするイベント「棚田のあかり」が行われた。新型コロナウイルスを乗り越えるとの願いを込め、語呂合わせでコロナ(567)より一つ多い568基を設置し、早期終息を祈願した。

 「きくかまつり」の一環で、新型コロナの影響で断念したステージイベントの代わりに実施した。

 農林水産省の「日本の棚田百選」に認定されている棚田のあぜ道に、「山鹿灯籠まつり」を彩るはずだった金灯籠300基をはじめ、ちょうちんや「紙灯り」を設置。明かりがともされると、地元住民らが幻想的な光景を楽しんでいた。

 イベントの様子は後日、町観光協会のHPなどで公開される予定。

無断転載・複製を禁じます
1558027 0 ニュース 2020/10/19 05:00:00 2020/10/19 05:00:00 2020/10/19 05:00:00 金灯籠などでライトアップされた棚田 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201018-OYTNI50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ