読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「聖地」芦北 キャラ列車走る おれんじ鉄道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「放課後ていぼう日誌」のキャラクターが描かれたラッピング列車
「放課後ていぼう日誌」のキャラクターが描かれたラッピング列車

 昨年は豪雨に見舞われた県南地区。今年、アニメやイラストといったサブカルチャーが、復興に弾みを付ける観光PRに一役買いそうだ。

 第3セクター・肥薩おれんじ鉄道は、沿線の芦北町の海辺をモデルにしたアニメ「放課後ていぼう日誌」のキャラクターなどを描いたラッピング列車を運行している。豪雨からの復興を後押ししようと、2023年5月頃まで走らせる予定。

 1両編成のヘッドマークや側面に、主要キャラクター4人のほか、芦北大橋や小高い佐敷城跡から見える町並みが描かれている。

 放課後ていぼう日誌は、都会から田舎に引っ越してきた女子高生が堤防釣りをする「ていぼう部」に入り、個性豊かな部員たちと触れ合いながら、釣りの楽しさを知るストーリー。漫画は、県内在住の小坂泰之さんが描いている。アニメ化に際し、町役場や肥薩おれんじ鉄道も協力した。

 町内の佐敷駅でお披露目会があり、アニメ作品に登場する場所を「聖地」と称して訪ねて回るファンの姿が見られた。兵庫県から来た男性(43)は「アニメが列車にラッピングされてうれしい。聖地巡礼に来る人が増えて町の起爆剤になるといいですね」と笑みを浮かべた。

無断転載・複製を禁じます
1744798 0 ニュース 2021/01/04 05:00:00 2021/01/04 05:00:00 2021/01/04 05:00:00 「放課後ていぼう日誌」のキャラクターが描かれたラッピング列車 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210103-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)