読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

熊本城 長塀の復旧完了 強風に備えて補強

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

復旧工事が終了した長塀。塀と石柱を補強材でつないだ
復旧工事が終了した長塀。塀と石柱を補強材でつないだ

 2016年の熊本地震で甚大な被害を受けた熊本城(熊本市中央区)の国指定重要文化財の長塀が1月29日、復旧工事を終え、報道陣に公開された。被災した熊本城内の全ての国指定重要文化財13棟のうち、復旧を終えたのは初めて。

 熊本城南側の川沿いにある長塀(長さ242メートル、高さ約2・4メートル)は地震で約80メートルにわたって倒壊。いったん解体し、2019年2月から復旧工事を進めてきた。被災した木材や瓦の7割、石柱の9割を再利用。強風などで倒壊しないように、塀と石柱をステンレス製の補強材でつないだ。

 市熊本城総合事務所の網田龍生所長は「着実に復旧が進んでいることを感じてほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1813388 0 ニュース 2021/02/02 05:00:00 2021/02/02 05:00:00 2021/02/02 05:00:00 復旧工事が終了した熊本城の長塀(29日午前9時40分、熊本市中央区で)=林航撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210201-OYTNI50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)