読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

紫の濃淡楽しんで 山鹿

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鹿央古代の森の公園で咲く藤
鹿央古代の森の公園で咲く藤

 山鹿市鹿央町の「鹿央古代の森」にある公園で、藤の花が見頃を迎えている。八重咲きで濃い紫色の全国的に珍しい品種「八重黒竜藤」など、薄紫や白など7種類の藤が訪れた人の目を楽しませている。

 今年は暖かかったため、例年より10日~2週間ほど早い4月上旬に咲き始めた。紫藤は今週末、白色は月末頃まで楽しめそうだという。管理する鹿央物産館の担当者は「緑の中を散策し、色づいた藤を楽しんでほしい」と話している。

 午前8時~午後5時開場。問い合わせは同物産館(0968・36・3838)へ。

無断転載・複製を禁じます
1994045 0 ニュース 2021/04/19 05:00:00 2021/04/19 05:00:00 2021/04/19 05:00:00 見頃を迎えた藤 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210418-OYTNI50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)