読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

避難所電力供給、日産3社と協定 合志市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

電気自動車から電化製品に給電できているか確認する市職員ら
電気自動車から電化製品に給電できているか確認する市職員ら

 合志市は、日産自動車(横浜市)、熊本日産自動車(熊本市)、日産プリンス熊本販売(同)の3社と災害連携協定を結んだ。災害時に電気自動車「日産リーフ」の試乗車2台が貸し出され、避難所などで電力の供給源とする。

 日産自動車によると、リーフ1台から、一般家庭で約4日分、小規模な避難所で約3日分の電力を供給できる。スマートフォン約6200台の充電が可能という。

 15日、市防災拠点センターで実演があり、市職員がスマホやテレビなどの充電ができるか確かめた。荒木義行市長は「円滑な避難所運営は市民の生命線となる」と話し、同社九州リージョナルセールスオフィスの井上幸彦部長は「災害に強いまちづくりを支援したい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1996191 0 ニュース 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 2021/04/20 05:00:00 電気自動車から電化製品に給電できているか確認する市職員ら https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYTNI50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)