読売新聞オンライン

メニュー

静岡―熊本線運航再開へ 来月16日にFDA

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

蒲島知事に熊本線の就航を報告したFDAの森谷副社長(右)
蒲島知事に熊本線の就航を報告したFDAの森谷副社長(右)

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は24日、静岡―熊本線を7月16日に開設すると発表した。2011年7月以来約10年ぶりの運航再開となる。

 同線は09年7月に就航。東日本大震災後に東北地方へ路線を拡大した影響などで運休していたが、観光需要や、熊本、静岡両県ともに自動車や半導体産業が集積していることから、ビジネス需要などがあると判断し、再開を決定した。FDAは熊本―名古屋(小牧)線も運航している。

 FDAの森谷和生副社長は24日、県庁を訪れ就航を報告。蒲島知事は「東海地方には自動車、半導体の関連産業が集積し、両県に事業所を持つ企業もある。新たな需要創出を期待している」と歓迎した。

 記者会見で森谷副社長は「両地域ともに観光資源もあり、観光とビジネスの両方の需要が期待できる」と話した。搭乗率65%の水準を目指すという。

無断転載・複製を禁じます
2153739 0 ニュース 2021/06/25 05:00:00 2021/06/25 05:00:00 2021/06/25 05:00:00 蒲島知事に熊本線の就航を報告したFDAの森谷副社長(右) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210624-OYTNI50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)