粋な時間潰し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

祇園甲部の始業式。舞妓2人がお座敷遊びで幕が開くのを待つ(東山区で)=長沖真未撮影
祇園甲部の始業式。舞妓2人がお座敷遊びで幕が開くのを待つ(東山区で)=長沖真未撮影

 花街にも始業式がある。祇園甲部では7日、約80人の芸舞妓げいまいこが年始のあいさつに集まった。舞踊の幕が上がるまでの間、手持ち無沙汰だったのか、舞妓二人がお座敷遊びを始めた。

 金比羅船船のリズムにみえた。座敷ではわんを挟んで向かい合い、「追風おいてに帆かけてしゅらしゅしゅしゅ」の歌に合わせて交互に素早く片手を差し出す。ルールは様々で、例えば椀を相手が持ったらグー、置かれたままならパーで出し、間違えたら負け。二人は小物を椀の代わりにして、ひらひらと手を舞わせていた。

 現代人は無意識にスマートフォンを取り出し、指を左右に滑らせる。没頭できるネットゲームがたくさんある。バッテリーと時間の消費を止められない。

 そんな今だから、粋でアナログなゲームが新鮮に映る。二人がひとときの退屈を楽しむうち、幕が上がった。(随時掲載)

無断転載・複製を禁じます
3551 0 #kyoto 2018/01/19 05:00:00 2018/01/19 05:00:00 始業式を前に、お座敷遊びをして緊張をほぐす舞妓ら(7日、東山区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180118-OYTAI50004-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ