いい香り もう一眠りさせて

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

茶畑に注ぐ日差しが心地いい。香りに包まれて、もう一眠り(和束町で)=長沖真未撮影
茶畑に注ぐ日差しが心地いい。香りに包まれて、もう一眠り(和束町で)=長沖真未撮影

 フニャ~、風が心地いいニャ。お茶と呼ばれている葉っぱの畑は、春のを受けてとっても暖かい。やわらかい芽が顔を出して、ふんわりといい香りがする。

 お気に入りの場所なんだけど、葉っぱの緑が鮮やかになってきたから、もうのんびり昼寝もしていられない。いつもは静かなこの和束町に、お客さんがたくさんやってくる。

 町は住む人が減っているらしい。でも、ここのところは大にぎわい。おととしのお客さんは、その5年前の約2.5倍、9万5000人に増えたんだって。聞き慣れない言葉を話しているのは、最近よく見る海の向こうからのお客さんだ。農家に泊まってもらったり、自慢の眺めをPRしたり、町のみんなの頑張りが実ったんだ。

 来てくれたら畑で会えるかもね。さあ、忙しくなるぞ。その前に、もう一眠りだニャ。(随時掲載)

無断転載禁止
20416 0 #kyoto 2018/05/04 05:00:00 2018/05/04 05:00:00 茶畑でまどろむ猫(4月9日、京都府和束町で)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180503-OYTAI50004-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ