<@ストックホルム>座りたくなる椅子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

本庶さんのサインが書かれた椅子を見る来館者(ノーベル博物館で)
本庶さんのサインが書かれた椅子を見る来館者(ノーベル博物館で)

 「人気の椅子は、壊れてしまうこともあるんですよ」。ノーベル博物館の職員からこう聞いて驚いた。館内のカフェの椅子の裏には、2001年以降のノーベル賞受賞者のサインがある。目当ての椅子に座ったり、裏返して写真を撮ったりして楽しむ観光客も多く、02年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一さん(59)の椅子は背もたれが壊れてしまい、普段は倉庫にしまわれているという。

 そもそも椅子にサインする慣例は、ビル・クリントン元米大統領が01年にカフェを訪れたのを機に、当時のスタッフらが「クリントン氏が座った」と椅子に書いたことがきっかけ。クリントン氏が使った館内のトイレは「クリントントイレ」として語り継がれている。職員らは「受賞者でもない人のエピソードが残っているのは不思議でしょう」と語る。

 今年のノーベル生理学・医学賞を受ける本庶佑ほんじょたすく・京都大特別教授(76)がサインした椅子は8日、カフェの外に飾られていた。世界的な業績が認められた本庶さんにあやかりたいと、多くの日本人観光客が座りに来るだろう。(山本美菜子)

無断転載禁止
52859 0 @kyoto 2018/12/09 05:00:00 2018/12/09 05:00:00 本庶さんがサインした椅子も、館内に展示され、注目を集めている。(ノーベル博物館で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181208-OYTAI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ