ミニトマト 芽かき重要

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ◇オレンジ千果

オレンジ千果
オレンジ千果
オレンジ千果イラスト
オレンジ千果イラスト

 ヨーロッパには「トマトが赤くなると、医者が青くなる」ということわざがあります。トマトの収穫期になると、栄養満点のトマトを食べるので、病気になる人が減って医者にかかる人が少なくなるという意味です。家庭菜園で作ってみたい野菜でも人気が高く、特にミニトマトは作りやすくておすすめです。

 トマトを育てる時に重要な作業が「芽かき」です。「わき芽」は葉のつけ根にできる芽で、放置しておくとわき芽からさらにわき芽が伸びて収拾がつかなくなり、日当たりや風通しも悪くなります。養分も取られてしまうので実つきにも影響が出ます。成長が早いため、できるだけ2~3日ごとに小さいうち(5センチ程度まで)につけ根から手でかき取るか、ハサミを使って切ってください。切り口が早く乾くように必ず晴れた日に行いましょう。花の下にできたわき芽は強く伸びる性質があるので要注意です。

 おすすめ品種は、従来の赤いミニトマトよりカロテンが豊富に含まれていて、甘くておいしいオレンジ色のミニトマト『オレンジ千果ちか』です。サラダやお弁当の彩りにもぴったりです。暑い夏もトマトパワーで元気にハッピーに乗り切りましょう! (タキイ種苗)

無断転載禁止
20584 0 プロが教える! ハッピー菜園 2018/05/08 05:00:00 2018/05/08 05:00:00 オレンジ千果 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180507-OYTAI50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ