天日で干して おいしく長持ち

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

京都版ハッピー菜園用 ドライベジタブル
京都版ハッピー菜園用 ドライベジタブル

 ◇ドライベジタブル

 ナス、ピーマンなど夏野菜は栽培しやすく、家庭菜園でも人気です。毎日たくさん収穫できるのはうれしいのですが、食べきれなくて腐らせてしまうという声もよく聞きます。

 そこでお薦めなのが、「ドライベジタブル(干し野菜)」です。家の庭やベランダなど、日当たりのよいスペースが少しあれば、自宅でも気軽に作ることができます。

 野菜は天日で干すことで、味が濃くなって食感もかわります。ドライベジタブルは、食材を腐らせてしまう主な要因である水分が抜けた状態なので、生よりも日持ちします。また、乾燥させるほど保存期間が長くなります。

 水分が抜けることで、うまみが一気に濃縮されます。さらに、調理の際に味が染み込みやすくなるうえ、程よい歯ごたえが楽しめ、様々な料理に活用できます。

 野菜を干すのは晴天の日が最適で、気温が高く水分が蒸発しやすい夏、空気が乾燥している秋から冬が適します。

 天気の良い日の午前9時から午後3時ごろまでに干すのがポイントです。水分の多い野菜は、乾燥途中にカビが生えたり傷みやすかったりするので避けたほうがよいでしょう。

(タキイ種苗)

無断転載禁止
37865 0 プロが教える! ハッピー菜園 2018/08/24 05:00:00 2018/08/24 05:00:00 京都版ハッピー菜園用 ドライベジタブル https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180823-OYTAI50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ