<2>文化触れ「体の教養」を

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「文化は見るだけじゃなく、体得することが大切」と語る千さん(上京区で)=金沢修撮影
「文化は見るだけじゃなく、体得することが大切」と語る千さん(上京区で)=金沢修撮影

 ◇茶道裏千家前家元 千玄室さん95

 ◇お茶や謡 省庁移転契機に

 茶道裏千家前家元の千玄室さん(95)は、文化庁を京都に誘致する活動に関わった一人だ。地元の願いが実を結び、文化庁は2021年度までに京都に移転することが決まった。大正、昭和、平成と三つの時代を生きてきた千さんに、移転の意義や茶道に込める思いを語ってもらった。

 1968年に文化庁ができた時、初代長官の今日出海こんひでみさんと2人で文化行政についてよく議論しました。あれからもう50年になるのですね。当時が懐かしい。

 知事や京都市長から頼まれ、文化庁京都誘致協議会の顧問を引き受けたのは3年前です。最初はなかなか難しい問題でしたが、安倍首相や文化庁の職員と何度も話し合いました。

 〈政府は2016年3月、文化庁を京都に移転する方針を決定した。長官を始め職員の約7割(250人)が東京から移る〉

 文化庁が来てくれるのは大変ありがたいのですが、役所が来るだけで喜んでいてはいけない。そもそも京都はずっと、文化庁の役割を果たしてきたのです。京都御所を中心に発達した有職ゆうそく文化、社寺文化、茶道文化の三つが混然一体となって、京都の文化の柱になっている。

 でも、京都の政財界の人たちの中で、一体何人がお茶をたて、歌を詠むことができますか。京都の政財界のトップが集まった時に一度、尋ねてみたことがあるんです。結局、一人もいませんでした。「そんなことでは、文化庁のあり方うんぬんを議論するのは難しいのでは」と、意識改革を訴えたことがあります。

 知識だけではなく、「体の教養」とでも言うべきものが必要です。実際に文化に触れ、体験することが大切。「体の教養」があれば、心に余裕ができ、他人への思いやりが生まれる。若い人には、お茶でもうたいでも何でもいいから、やってみなさいと伝えている。人々が色んな文化の体験を積み重ねて、思いやりの心を育むきっかけにしたい。それが、広義の意味で文化庁を京都にもってくる意義だと思います。京都は「文化首都だ」と、ええ格好していてはいけません。

 〈米ハワイ・真珠湾にあるアリゾナ記念館など、世界60か国以上を300回以上訪問し、茶道を通して平和の大切さを訴えてきた〉

 私は太平洋戦争で、特攻機の搭乗員として出陣し、生き残った1人。あの悲惨な戦争を身をもって体験したことで、平和が続いてほしいと心から思いました。でも、人類の争いは収まっていない。だからこそ各国を回り、「一●(いちわん)からピースフルネスを」の理念を訴え続けています。

 丸いお茶碗ちゃわんは地球です。お茶の緑は自然を表している。その中で暮らす人たちはみんな一緒の人類、地球人なのですよ。狭い地球の中で、何を争っているのですか、と。外国の方にも同じことを申し上げている。

 昭和の時代は戦争もあって、本当に波乱万丈だった。平成になってやや安定したが、大国の指導者は口では平和を唱えながら、自分の権力を誇示して全く逆の方向に進みつつある。この動きが大変残念ですね。

 平成の御代みよが終わるのは、心寂しい。新しい御代の到来とともに、若い人たちがそれぞれの立場で奮起していただくことを願いたい。チャレンジを繰り返し、失敗もするだろうが、その中から自分の生き方を見つけてほしい。(聞き手・今村正彦)

 ◇17年4月から一部業務

「地域文化創生本部」の開設を祝う文化庁や府、京都市の関係者ら(2017年4月、東山区で)
「地域文化創生本部」の開設を祝う文化庁や府、京都市の関係者ら(2017年4月、東山区で)

 中央省庁の地方移転は、「地方創生」や「東京一極集中の是正」を掲げる安倍政権が推進してきた。消費者庁や特許庁なども移転の検討対象に挙がったが、全面的な移転にめどが立ったのは文化庁だけだ。

 17年4月には、文化庁の一部の業務を京都で行う「地域文化創生本部」が東山区に開設された。移転先は同7月、4候補の中から改修費が最も安い府警本部本館(上京区)に決定。一部は隣接する府の新庁舎にも入居する。

 府警本部本館の耐震改修費や新庁舎建設費の入居該当分計32億円は府と市が折半し、年2億円の入居賃料のうち半額は府が負担する。府は府警本部本館の基本設計などを行った後、20年7月から21年度にかけて、同本館の耐震改修や新庁舎の建設工事を行う予定だ。

 ◆せん・げんしつ 1923年、京都市生まれ。同志社大卒。復員後、大徳寺で得度し、64年に十五代家元を継承。97年に文化勲章。2002年に長男に家元を譲り、玄室を名乗る。外務省参与、ユネスコ親善大使、日本・国連親善大使。

 ●は苑のくさがんむりを外し、下に皿

無断転載禁止
60789 0 平成@Kyoto 2019/01/03 05:00:00 2019/01/03 05:00:00 茶道裏千家の千玄室・前家元(30日午前9時10分、京都市上京区で)=金沢修撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190102-OYTAI50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ