読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<見えない存在>陰陽師 式神操る説話

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

伝承を基に鎌倉時代後期~室町時代初期に描かれた安倍晴明公肖像画。式神(右下)を従えた姿で描かれている(晴明神社所蔵)
伝承を基に鎌倉時代後期~室町時代初期に描かれた安倍晴明公肖像画。式神(右下)を従えた姿で描かれている(晴明神社所蔵)

安倍晴明

 疫病や天災の原因が怨霊など、見えない存在の仕業と考えられていた平安時代。天文学に通じ、日時や方角の吉凶を占った陰陽師おんみょうじの安倍晴明(921~1005年)はその第一人者だった。

 晴明は40歳を過ぎて陰陽師となった。当時の最高権力者・藤原道長の右腕として、「式神」という霊的な存在を自在に操ったほか、都で相次いだ貴族の姫たちの失踪を大江山の鬼「酒呑童子しゅてんどうじ」と突き止めるなど、数々の説話がある。

 死去から2年後の1007年に邸宅跡に晴明神社(上京区)が創建された。山口琢也宮司(60)は「死後すぐにまつられたのは、陰陽師としての力が悪い方向に向かうのを恐れる御霊信仰が影響した」と推測する。

 荒俣宏さんの「帝都物語」や夢枕獏さんの「陰陽師」など、小説や映画で取り上げられ、神社は晴明の「聖地」となり、国内外から多くのファンが参拝する。フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が2018年の平昌五輪で演じた「SEIMEI」ゆかりの地としてもにぎわうなど、数年ごとにブームが訪れる。

 コロナ禍で数は減ったものの京阪神を中心に、早期終息を願う多くの参拝者が訪れている。山口宮司は「見えない存在に人が畏怖するのは変わらない。選択肢が多く、先の見えない時代だからこそ、どうすべきかを示してくれる晴明公のような存在を求められているのでしょう」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1858405 0 New門@京都 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 2021/02/22 05:00:00 伝承を基に鎌倉時代後期~室町時代初期に描かれた安倍晴明公肖像画。式神(右下)を従えた姿で描かれている(晴明神社所蔵)ネット可 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210221-OYTAI50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)