読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<見えない存在>疫病封じ 愛嬌ある姿

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アマビエの柄が染色された「おふき」(上京区で)
アマビエの柄が染色された「おふき」(上京区で)

アマビエ

 疫病封じの妖怪「アマビエ」は1846年、肥後国(熊本県)の海に現れた。「6年間は豊作になるが、病がはやる。私を写し、人々に見せよ」と告げたという。唯一の史料は京都大付属図書館が所蔵する瓦版のみで、大学の貴重資料デジタルアーカイブで公開されている。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、厚生労働省の啓発キャラクターにも起用された。突き出た口、ウロコのある胴体、三つの尾びれの妖怪はどこか愛嬌あいきょうのある姿が人気で、そのデザインは様々な形に進化している。

 京友禅の若手職人が設立したブランド「SOO(ソマル)」は昨年12月、アマビエ柄に染めたスマートフォン用拭き「おふき」を2500枚発売した。包装紙は定形郵便のサイズに仕立て、切手を貼れば郵送できるように。「おふき」シリーズはこれまでに約150種類販売してきたが、売れ行きは最速だった。好評だったことから、追加販売する。

 売上金の一部を京都市のコロナ対策支援基金に寄付したSOOの日根野孝司代表(44)は「和装など伝統産業の産地もコロナ禍で厳しいが、自分たちにもできることを考えた。早く終息し、再び京都に多くの観光客が戻ってくることを願っている」と語る。(おわり)

無断転載・複製を禁じます
1868297 0 New門@京都 2021/02/26 05:00:00 2021/02/26 05:00:00 2021/02/26 05:00:00 アマビエの柄が染織された「おふき」(上京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210225-OYTAI50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)