読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ゆらり 生き物と一緒に…京都水族館

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

様々な生き物が泳ぐ大水槽(下京区で)
様々な生き物が泳ぐ大水槽(下京区で)
クラゲをモチーフにした風鈴(下京区で)
クラゲをモチーフにした風鈴(下京区で)

 海がない京都市内でも様々な生き物を間近に観察できる人気スポット。今夏はクラゲをかたどった風鈴の涼やかな展示も企画した。担当者は「優雅に泳ぐ生き物の姿に涼を感じてほしい」と話す。

 入館してすぐの水槽では、鴨川上流で生息するオオサンショウウオ20匹が出迎え。夜行性で日中はゆっくりと動く姿が愛らしい。幅約15メートル、深さ約6メートルの大水槽では、日本海のエイやサメ、イワシの群れなどが泳ぐ。

 昨夏に新設した「クラゲワンダー」は、360度のパノラマ水槽などの中に約30種5000匹のクラゲを展示。周囲を見回せば、一緒に水中を浮遊しているようだ。

 府北中部を流れる由良川を再現した「京の里山」エリアでは、色とりどりのクラゲをかたどった風鈴約130個を配した。一緒につるした短冊にはクラゲの生態がつづられており、澄んだ音色に耳を傾けながら理解を深められる。

 午後5時以降は赤や青など色鮮やかな照明で水槽を演出。館内は幻想的な空間に様変わりし、夜行性の生き物が活発に動き出す。

 企画広報チームの松本亜季さん(28)は「生き物と過ごす夏休みをぜひ楽しんで」と呼びかけている。(三味寛弥)

【メモ】JR京都駅から徒歩15分の梅小路公園内。入館料は大人2200円、高校生1700円、小中学生1100円、3歳以上700円。問い合わせは同館(075・354・3130)。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2283360 0 涼-Ryo- 2021/08/14 05:00:00 2021/08/14 05:00:00 2021/08/14 05:00:00 様々な生き物が泳ぐ大水槽(下京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210813-OYTAI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)