西日本豪雨で活躍 同形式機関車展示…鉄道博物館

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

特別展示されている電気機関車(下京区で)
特別展示されている電気機関車(下京区で)

 国内最大級の鉄道展示施設「京都鉄道博物館」(下京区)で、昨夏の西日本豪雨の際、被災地の物資搬送に活躍した電気機関車と同形式のJR貨物の車両が特別展示されている。27日まで。

 展示されているのは、「EF64形式」の直流電気機関車1両。川崎重工業が1981年に製造したもので、自動車の車検にあたる「全般検査」の期間にあわせて、公開することにした。「がんばろう岡山 がんばろう広島」とメッセージを載せた特別ヘッドマークが付けられている。

 西日本豪雨による山陽線の不通時には、岡山県倉敷市から鳥取県、島根県など山陰線を通る迂回うかいルートが活用され、同形式の車両が32日間、計2075個(12フィートコンテナ換算)を運んだという。

 20日は運転台に入る体験会も開かれた。大津市の宮本悠雅ちゃん(3)は「大人になったら運転士になりたい」と喜んでいた。

無断転載禁止
57859 0 ニュース 2019/01/21 05:00:00 2019/01/21 14:12:59 2019/01/21 14:12:59 特別展示されたJR貨物のEF64形式直流電気機関車(20日午前11時29分、下京区で)=田畑清二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190120-OYTNI50012-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ