読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

爽やか新芽 初茶摘み…木津川市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新芽を摘み取る研究員(木津川市で)
新芽を摘み取る研究員(木津川市で)

 木津川市にある宇治茶の老舗「福寿園」の福寿園CHA遊学パークの温室茶園で5日、「日本一早い」と銘打った新春恒例の初茶摘みが行われ、室内は爽やかな茶葉の香りに包まれた。

 同社は約100平方メートルの温室で、冬季でもまろやかな「かぶせ茶」ができるかを研究。昨年11月下旬から室温を約25度に保ち、夜間には照明をともして生育を促してきた。12月下旬からは遮光カーテンを掛け、渋みを抑える作業を重ねた。

 この日は、福井正興社長らが初摘み。その後、研究員13人が約3キロの新芽を手で摘み取り、日本にお茶を持ち帰ったとされる栄西禅師ら先人の像に供えた。

 研究員の岸本武大さん(24)は「うまみに富んだまろやかな新茶ができた」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1749830 0 ニュース 2021/01/06 05:00:00 2021/01/06 05:00:00 2021/01/06 05:00:00 笑顔で新芽を摘む研究員(木津川市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210105-OYTNI50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)