読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

京の台所 VRでぶらり…錦市場通販サイト開設

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

通販サイトが開設された錦市場。緊急事態宣言中には、休業中の店が並ぶ(中京区で)
通販サイトが開設された錦市場。緊急事態宣言中には、休業中の店が並ぶ(中京区で)

商店街の様子 全方位

 新型コロナウイルス禍で足を運ぶのが難しい人にも「京の台所」といわれる錦市場(中京区)での買い物を楽しんでもらおうと、京都錦小路まちづくり合同会社と京都錦市場商店街振興組合が、VR(仮想現実)技術を活用した通販サイト「京の台所ドットコム」を開設した。これまで以上に品ぞろえを充実させ、24日にグランドオープンする予定だ。同社の清水彰事務局長は「ネットでも商店街の面白さを知ってほしい」と話している。(内田桃子)

 サイトは、観光客が激減している状況を打開しようと、府の補助金を活用して制作。商店街の様子を全方位にわたって見ることができ、気になる店舗を選んで表示されるURLをクリックすると、組合に加盟する約130店のうち、43店の飲食店の商品や土産物など約180点を購入できるページに進む。

 サイトでは、季節ごとに旬の食べ物を提供する「食の二十四節気」のコーナーや、おばんざいセットやすき焼き、菓子の詰め合わせなどを提案する「錦特選セット」のページもあり、複数の店の商品をまとめて購入できる。常温、冷蔵、冷凍いずれの商品も全国配送が可能。

 コロナ禍前は多くの外国人観光客らでにぎわっていたが、緊急事態宣言発令中は人通りも少なく、シャッターを下ろしたままの店もある。訪日外国人による売り上げが半分以上を占めていたふりかけ店「かい」もサイトに参加した。開設後、数日で北海道や東京など全国から注文が入っているといい、店長の水島均さん(49)は「錦市場の知名度を高めるとともに、コロナ明けには実際に足を運んでもらえるようにしたい」と話している。今後、参加店舗と商品数を増やす予定だ。

無断転載・複製を禁じます
2116064 0 ニュース 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 2021/06/11 05:00:00 通販サイトが開設された錦市場。緊急事態宣言中には、休業中の店が並ぶ。(中京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYTNI50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)