読売新聞オンライン

メニュー

<祇園祭2021>山一番「霰天神山」「役行者山」…くじ取り式 行進順決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 祇園祭の 前祭さきまつり (17日)、 後祭あとまつり (24日)で、昨年に続いて中止となった 山鉾やまほこ 巡行に代わり、各山鉾の代表者たちが京都市中心部を行進する順番を決める「くじ取り式」が2日、市役所分庁舎の市議会本会議場で行われた。(布施勇如)

 山鉾巡行のくじ取り式は、応仁の乱の後、山鉾が復興した1500年に始まった。昨年は新型コロナウイルス禍で山鉾巡行とともに取りやめたが、独特の流儀や所作を伝える必要があるとして、2年ぶりに開催。感染を防ぐため、34の山鉾保存会からの参列者を各1人に絞り、見学者の募集もしなかった。

 行進は昨年同様、保存会ごとに かみしも 姿の役員らが行列を組む。疫病をはやらせる神を鎮める山鉾の代わりに、 さかき を手に通りを練り歩き、八坂神社の四条 御旅所おたびしょ で拝礼する。

 この日は、巡行順が毎年固定されている「くじ取らず」の山鉾を除き、24保存会が抽選に参加。黒紋付き羽織はかま姿の担当者は、門川大作市長の前で朱塗りの台・ 三方さんぼう に置かれたくじを取り、記された番号を読み上げて参列者に示した。

 従来のようなどよめきも起きず、全ての順番が決まると、担当者は門川市長からくじ札を受け取り、専用の 文箱ふばこ に収めた。

 前祭の「山一番」を引いたのは、 霰天神あられてんじん 山保存会(中京区)の山口修平理事(45)。前回2019年のくじ取り式では最下位で、「びっくりした。一気に上がった」と喜んだ。上京区に住んでおり、「(山がある)町内の方に、今まで以上に仲良くしてもらえるかな」と声を弾ませた。

 後祭の山一番は、 役行者えんのぎょうじゃ 山保存会(中京区)の林寿一代表理事(68)が引き当てた。保存会は町会所を151年ぶりに新築し、6月下旬に完成したばかり。「記念でもないけど、町内の人に『一番を取ってくる』と言っていた。非常によかった」と目尻を下げた。

 山鉾巡行では当日、くじ札通りの順番であることを市長が確認する「くじ改め」の儀式が行われるが、今回は見物客が密集しないよう簡略化し、各保存会が御旅所で手渡すにとどめる。

◆御旅所拝礼行列の行進順

(<>内数字は「くじ取らず」の山鉾)

【前祭(17日)】

〈1〉長刀鉾(なぎなたほこ)

2霰天神山(あられてんじんやま)

3孟宗山(もうそうやま)

4木賊山(とくさやま)

〈5〉函谷鉾(かんこほこ)

6白楽天山(はくらくてんやま)

7綾傘鉾(あやかさほこ)

8太子山(たいしやま)

9菊水鉾(きくすいほこ)

10芦刈山(あしかりやま)

11伯牙山(はくがやま)

12郭巨山(かっきょやま)

13月鉾(つきほこ)

14山伏山(やまぶしやま)

15四条傘鉾(しじょうかさほこ)

16占出山(うらでやま)

17鶏鉾(にわとりほこ)

18油天神山(あぶらてんじんやま)

19蟷螂山(とうろうやま)

20保昌山(ほうしょうやま)

<21>放下鉾(ほうかほこ)

<22>岩戸山(いわとやま)

<23>船鉾(ふねほこ)

【後祭(24日)】

〈1〉橋弁慶山(はしべんけいやま)

〈2〉北観音山(きたかんのんやま)

3役行者山(えんのぎょうじゃやま)

4鯉山(こいやま)

5黒主山(くろぬしやま)

〈6〉南観音山(みなみかんのんやま)

7浄妙山(じょうみょうやま)

8八幡山(はちまんやま)

9鈴鹿山(すずかやま)

〈10〉鷹山(たかやま)

〈11〉大船鉾(おおふねほこ)

無断転載・複製を禁じます
2175315 0 ニュース 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00 2021/07/03 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)